機動都市 まとめ 攻略 プロメアコラボ開催予定!!

機動都市 まとめ 攻略 プロメアコラボ開催予定!!

1/13実装!新メカ「フラミンゴ」を覗く

コメント(0)

フラミンゴ

「フラミンゴ」は、もともと軍によって開発された第2世代の「騎士」」の試作機であった。政治的プロパガンダのため、彼はエンターテインメント会社、「十字星」に転売され、未来のオペラ「特異点の夜明け」の主演俳優の一人として5年間のツアーで演じていた。ツアー終了後、「フラミンゴ」は市郊外の倉庫に封印され、次第に人々に忘れられていくこととなったが、「怪盗」を名乗る謎の人物がフラミンゴの保管されていた倉庫に侵入し、全てを盗んでいったことから、その忘れられていたメカは再び脚光を浴びる事となった。

※フラミンゴと言う名前ですが、フラメンコもモチーフにされています。一応どちらもflame、炎を語源とするという共通点を持っているらしい。

メカ紹介

オペラの見栄えを良くするため、「十字星」はフラミンゴに鮮やかな塗装をし、より凝った装飾を加えた。

これに加えて、「十字星」は、カプセルに内蔵された小型燃料球を粒子ビームで爆発させる「高周波パルスエミッター」を、より精密に動作システムに適合させている。

内蔵拘束装置
爆発時に発生する衝撃波を利用し、爆発的な推進力を得る。
まるでフラメンコのように、地球を溶かすかのような勢いで跳躍する。

西洋剣型のイオンビーム切断システムは、第2世代の騎士の固定兵装のひとつである。 第一世代の騎士の装備とは異なり、”西洋剣 “の刃は固体ではなく磁場によって束ねられた細長いイオンビームであり、磁場の強さを調整することで、パイロットは「西洋剣」を使って高熱のプラズマアークを発生させることが可能。
イオンが敵素材の表面に触れることで衝撃が発生し、一瞬にして敵に高いダメージを与える。

サブマシンガン”WT1024”は、高温のイオンペレットを連続発射できる新型兵器で、銃に内蔵された重合装置の作動のもと発生する力場により、装置に蓄えられた荷電粒子が衝突・結合して小さな高温プラズマペレットを形成し、発射されるものである。
重合装置がフルパワーで動作しているときのオーバーヒートを避けるため、もともと長銃身のサブマシンガンが装備されていたが、装飾的な理由により、よりレトロな雰囲気のピストル型に変更された。

スキル紹介※

※ダサいとは私も思いますが、スキル名は基本直訳で書いています。実際の名称とは異なります。

サブマシンガン

高威力のサブマシンガン

ライトセーバースラッシュ

ライトセーバー(ブレード)を振りながら前方にステップし、前方にプラズマウェーブを発射する。

ジャンピングスラッシュ

高く跳躍し、下降時に斬りつけ、地面との接触時に扇状のエネルギーを発生させる。

ジャンプ

通常のジャンプを行う

 

失踪の夜、キノコ雲のように立ち上る煙の中にフラミンゴは飛び上がり、濃い煙に覆われて跡形もなく消えたと目撃者は語った。その後、フラミンゴの所在は誰にもわからず、「十字星」社が監督・演じる茶番劇だと言う人もいれば、別の盗難事件でもフラミンゴと思われるものを目撃したという証言もある。

パイロット

佐伊(名称は異なる可能性があります)にとって、「フラミンゴ」は特別な存在である。
彼女が大強盗になる決心をした夜、彼女は偶然にも両親が投資していた十字星社が「時代遅れのメカ俳優を永久に閉じ込める」という残酷な罪を犯していることを知った。
資本家の不当行為を罰するため、サイは「十字星」の倉庫に侵入しフラミンゴを盗んだ。このような運命の一致の下、フラミンゴはサイとパートナーになり、金持ちから奪い、貧しい人に与えるようになった。

佐伊

性別:女
身長:164cm
体重:47.5kg
誕生日:1月10日
好きなもの:ヴェルサイユの薔薇
      ”佐伊”などの古い演劇
嫌いなもの:いい子のふりをすること

「悪を脅かす女パイロットに私はなる!!」

天秤があまりにも長い間傾いていたため、誰もが不正、不公平に慣れてしまった。しかし、佐伊はフラミンゴという最も眩しく綺羅びやかなメカを操縦し、夜を怪盗の舞台に変え、鋭い剣を掲げ悪を罰し、誰もに正しさを思い出させる。「正義を思い出せ」この想いを体現するように、飛沫を上げながらどこからともなく現れ、優れた操縦技術で追手をかわし颯爽と去っていくのである。

翻訳元

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×